5月 15 2015

信託銀行の活用法

信託銀行は、通常に銀行とは違い、使い方によって得する銀行とされています。信託銀行は、土地を信託して管理、運用してもらう人にとっては最もよい銀行として活用されてきましたが、最近は、個人による利用が多くなっています。

たとえば、信託銀行では、金銭信託により、預金よりも高い配当を得ることができたり、信託銀行に資産を預けることによって、財産管理に安心を得ることができるとされています。

信託銀行の使い方として、相続を簡単でスムーズに行える遺産信託があり、これは、信託銀行では、安定した資産管理と資産形成が実現できることが期待されています。

また、もし認知症になった場合、「成年後見制度」によって後見人が管理することになりますが、信託銀行と契約を行なっておくと、後見人となる弁護士を紹介してくれるようになります。

認知症になっても「後見制度支援信託」により、本人に代わって信託銀行が資産を管理することができるようになるのです。後見人を通じて信託銀行は資産から本人名義の口座にお金を振り込んでくれるようになるため、信託銀行は、親族にとって便利で資産管理の負担を軽減してくれるようになるのです。

このように、信託銀行は信託業務を行うことができる銀行であることから、一般に人でも便利な使い方ができるようになるとされています。信託銀行の口座をもつことにより、土地の有効活用、遺産相続など、長期にわたる利用に重宝されるといわれています。