3月 06 2015

信託銀行のメリット

信託銀行では、富裕層や法人が土地を運用することにおいて効果が期待できるとされています。これは、信託銀行のメリットの一つとされていますが、最近では、信託銀行において個人サービスにも人気があるようです。

信託銀行は、遺言信託を行なったり、土地や建物を担保にして老後の資金を借り入れるといったサービスがあり、個人でも信託を活用するといった人がみられるようになっています。

信託銀行では、遺言信託のサービスを利用することにより、遺産相続等の手続きを行なってくれます。これは、一般の人では面倒で手間のかかる作業を行なう必要がないことから、信託を利用することによるメリットといわれています。

信託銀行の遺言信託は、信託銀行を指定して、相続が生じたときに信託銀行が遺言に記載されている内容で財産分割の手続きを行なってくれます。このサービスは、信託銀行ならではのものとされ、多くの信託銀行で扱われています。

信託銀行では、遺言作成や保管、土地の有効活用などアドバイスを受けることができるとされ、そのための定期的な見直し、財産の分割や引渡し、名義変更などの手続きも代行してくれるといったメリットがあります。これは、弁護士や税理士よりも身近で安心感が得られるといったことから、信託銀行を活用する人が増えているようです。

さらに、信託銀行では、インターネットバンキングも可能であるなど、銀行、信託を兼務する信託銀行では活用において多くのメリットがあるとされています