1月 26 2015

信託銀行の特徴

信託は、信託業務を行なう銀行に資金を預けて運用してもらい、配当を受けとる方法です。信託とは、委託者が信頼できる受託者に自分の金銭や土地などを名義ごと信託銀行に移転して運用することになります。この信託は、投資方法として最近は注目され、多くの利用者が見られるようになっています。

投資信託には、いくつかの種類があります。信託には、証券投資を運用する投資信託や手形割引や株、債権を運用する金銭信託、年金基金を運用する年金信託、土地を活用して配当を得る土地信託といった投資方法があります。

信託は、銀行預金とは違い、高めの配当が期待できることが特徴とされています。そのことから、最近は、個人が資金活用として利用するといったことが人気となっているようです。

ある銀行の投資信託では、金銭信託を行なうことで、退職、老後の生活資金、年金にゆとりがつくれたり、相続、遺言においても家族が困らないといった使い方ができるとされています。

さらに、信託は、定期受取や元本保証が行われるといった特徴があり、資金運用や投資の方法として身近なものとされ、利用を考えるといった人が見られるようになっています。

信託では、比較的に安心した資産づくり、信託の種類によっては預金よりも高い配当が得られるようになることも特徴とされています。また、多くの信託銀行では、管理費用や手数料をかけることがなくなり、負担が少なく利用できることが魅力となっています。