11月 09 2012

少子化の原因

Category: 収入と少子化の関係admin @ 1:23 AM

少子化の原因はいくつかあります。まず一番に挙げられるのは、女性の社会進出とともに社会的地位が確立されたということです。1986年に男女雇用機会均等法という法律が施行されました。これは職場で男性と女性が平等な立場で働くことができ、女性が差別を受けずに仕事と家庭を両立できるように作られた法律です。

それ以前は女性の管理職、女社長といったら珍しい目で見られていましたが今では当たり前でどこへ行ってもお見かけします。そんな女性を目指して働く人も多いですし、仕事を任される責任感ややりがいを感じ始めるのがちょうど妊娠適齢期の20代半ばから30代前半です。子供は欲しいけれど、妊娠するとどうしてもできる仕事は限られてしまうし子育て中は他の人にも迷惑がかかる、という理由で子作りはどんどん遠のいてしまいます。

仕事と子育てが両立できる環境を整備することが大きな課題となっています。続いて、リーマンショックやギリシャ問題などによる経済的不安が増して結婚・妊娠に対する価値観が変わってきたことも大きな理由です。不景気のため正社員での雇用が減り、派遣社員やフリーターなど非正規雇用と呼ばれる人たちが前触れも無く契約を切られるという状況が目立つようになりました。

そんな不安定な経済状況では子供を養うどころか自分の生活すら危ない、結婚すると何かとお金がかかるから自由で気ままな独身でいたい、という考えの人は年々増えています。「子育て=お金がかかる」というイメージが根強くあるようです。